前へ
次へ

不動産登記と高齢化社会との関係

少子高齢化が進んで、日本という国はあとあと多死社会を迎え入れると見込まれています。
死亡者の総数が急増すれば相続についても増加し、関わりを持ちながら不動産登記における相続トラブルに関してもどんどん増えるでしょう。
こういった未来が接近してくると、不動産登記の未登記が問題になってきます。
現時点でもたくさんの不動産が相続登記をされない状況で残っています。
そして、登記簿上の名義人についてはもうすでに他界している事例が散見されています。
不動産を手に入れたり処分したりしたくても、登記簿上の名義人が前に死去しており、相続登記がないことから相続人についても特定することができず、スムーズな取引が不可能なトラブルが引き起こされていますので注意が必要です。
このような実態は地方都市で特にたくさん見受けられますが、可視化したのは非常に多くの死者や行方不明者が出た東日本大震災になります。
いずれにしても、これからの日本はこうした問題を抱えていくことになるでしょう。

Page Top