前へ
次へ

不動産登記制度の必要性

人に戸籍があるのと同様に、不動産においても戸籍に該当するものが存在しています。
それが不動産登記になります。
不動産の所有者並びに所在地それから、種類や面積等を登記簿に対して記載して開示することを通じて、不動産売買あるいは不動産を担保にする取引等においての安全面を保持するのが不動産登記の目的といえます。
こうしたシステムがないと、誰がどういった不動産を持ち合わせているか認識できなくなります。
悪意を持っている者が書類を偽装して持っていない不動産を手にしているように見せかけ、他の人に譲渡することが理論上可能です。
しかしながら、不動産登記がある場合、開示されている登記簿をチェックすることで誰がどういった不動産を実際に持っているのか容易に認識できます。
換言すると不動産登記を実施することで、不動産が所有物だと訴えることが可能になります。
ひとりひとりが自身の財産を守るうえでも、欠かすことができない制度です。

Page Top