前へ
次へ

不動産登記の仕組みについて

不動産登記においては、表題部の登記及び権利部の登記の2タイプがあります。
不動産登記における表題部と言いますのは、該当の不動産の物理的な実情を記す部分になります。
不動産の所在地あるいは地目、地積などがこれに相当します。
一方、権利部と言うのは、その不動産に設定されている権利が記入されています。
具体的には、所有権並びに抵当権などが記されることになります。
また、 建物の表題部登記については、建物の所有権を手に入れてから1ヶ月内に実行しなければなりません。
このことを怠ってしまうと10万円以下の過料が生じます。
表題部登記に関しては行政機関が固定資産税及び都市計画税を徴収する時に用いるので、このことを免れた者に対しては罰則が適用されるということができます。
それに対し、権利部の登記に関しては義務はなく、を行なわなくても罰則はありません。
そして権利部の登記については一人一人の判断に任せられています。

Page Top